ブログ

2022.06.24

歯やお口の怪我について

転んだ子供のイラスト

 

こんにちは!

今回は、もし顔から転んで歯が抜け落ちたり、

折れてしまった場合の対処法についてお話しします。

 

《もし歯が抜けてしまったら?》

抜け落ちた歯は、乾燥させないようにして、できるだけ早く歯科医院へお持ちください。

歯の根っこには歯根膜という歯を支えている柔らかい組織があります。

歯根膜は非常にデリケートで乾燥に弱いため、お口の外では30分ほどしか生きられません。

歯根膜が生きていれば、歯が元の位置で定着する可能性が高くなりますので、

乾燥させないように保存することが一番大切です。

 

 

《抜けた歯の保存方法》

●歯の保存液

学校等にある専用の保存液

保存期限:24時間

 

 

●牛乳

脂肪分の少ないもの

保存期限:6時間

 

 

●唾液

頬の裏側か舌の下に歯を入れる

保存期限:1時間

 

 

●生理食塩水

0.9%濃度のもの

保存期限:1時間

 

 

●水道水

上記の方法が不可能な場合

保存期限:30分

 

 

*保存期限は目安になりますので、期限に関わらず早めに歯科医院へお持ちください。

*歯の根はあまり触らない方が良いですが、歯が砂などで汚れている場合は、水道水で軽くすすいでください。

 

 

《その他のケガ》

①歯を強くぶつけた

腫れや出血がなくても、歯の根っこが割れていたり、

歯の神経が死んでしまっている場合があります。

しばらくしてから変色したり、痛みが出る場合もあります。

 

②歯にヒビが入った

亀裂が浅いうちは鈍い痛みですが、

放置して亀裂が深くなると痛みが強くなったり、

虫歯や根っこの感染を引き起こす可能性があります。

 

③歯がぐらつく、陥没した

歯にはできるだけ触らず、出血している場合は

清潔なガーゼなどで患部を抑えます。

 

④唇が切れた

傷が浅い場合は、傷口を洗い流して消毒し、ガーゼなどで止血します。

傷が深く出血が止まらない場合は、歯科医院で縫合が必要になる可能性があります。

 

 

どの怪我の場合も、可能であれば早めに歯科医院を受診しましょう^^

(PlanetDenalX より画像一部引用)

 

次回は、歯周病と喫煙の関係についてお話しします!

 

上用賀おおたデンタルクリニック

日本歯科歯周病学会

公益社団法人日本口腔インプラント学会

歯科・口腔外科教室

Nobel Biocare

本院サイトはこちら本院サイトはこちら

      

求人情報